ISO9001認証BLマークISO9001認証JABマーク
ALCとは軽量気泡コンクリートと呼ばれるセメント中にスポンジ状の気泡を入れて軽量化をはかった特殊コンクリートのことです。 耐火性・断熱性・遮音性・施工性に優れている為、壁材として幅広い建築用途で数多くの建築に採用されています。
へーベル
へーベル
旭化成が西独(当時)ヘ−べル社との技術提携で国産化した「ALC厚型パネル」。 超高層ビルから個人住宅まであらゆる用途の建物に幅広く使用されています。
(旭化成建材株式会社)
へーベルライト
へーベルライト
主に低層鉄骨・木造住宅を目的とした「ALC薄型パネル」。 寸法や規格の豊富さと切断の容易さ、50mmという厚さを活かして 陰影ある様々なデザインバリエーションを持つ。
(旭化成建材株式会社)
パワーボード
パワーボード
「ALC薄形パネル」と呼ばれる木造住宅専用の外壁材。 優れたデザイン性と多彩なバリエーションを兼ね備えている。
(旭化成建材株式会社)
ハイノジ50
ハイノジ50
ALCの持つ断熱性・遮音性・耐蝕性等の優れた特性を屋根用途へと応用した高断熱・耐火野地板。
(旭化成建材株式会社)
ベースパック
ベースパック
非常に高い固定度を有した露出型式の柱脚工法。保有耐力接合を満足する製品を中心とし、 柱サイズ・鋼種に応じた多彩な製品ラインナップを持つ。
(旭化成建材株式会社)
押出成形セメント板(メース)とはクリソタイル石綿をセメントで固形化したノンアスベスト素材のことです。 遮音性・耐火性に優れ、また、豊富なサイズバリエーションが自由度の高い設計と意匠性の追求を可能にします。 これからの耐火建築物の外壁・間仕切壁として注目されている製品です。
フラットパネル / タイルベースパネル /
デザインパネル / アートパネル /
タイルパネル
押出成形セメント板
(三菱マテリアル建材株式会社)
耐火被覆とは、鉄骨造の骨組を耐火・断熱性の高い材料で覆い、火災の熱から守る事です。 近年、建築物は高層化・大型化すると共に、主要構造は鋼構造が主流となるだけでなく、 防災や安全性への意識も高まっており、建物にとって耐火被覆は欠かせないものとなっています。
ロックウール吹付
粒状ロックウール、セメント、水を混ぜて鉄構造物に吹付けます。
耐火・断熱・吸音に優れている上、低価格であるというメリットにより広く使用されています。
ロックウール吹付け
硬質ポリウレタン吹付け
硬質ポリウレタン吹付
硬質ポリウレタンフォームは、ポリウレタン樹脂を主成分とし、発泡させたスポンジ状の保温材・断熱材のことです。 高い断熱性・気密性・耐熱性・耐水性を持ち、 快適な居住性並びに冷暖房費の節約や住宅の耐久性・耐震性向上など数々の効果をもたらす為、 ビルやマンションだけでなく一般住宅でも高断熱・高気密・結露防止を目的として、近年多く取り入れられています。
セラタイカ2号(エスケー化研株式会社)
セラタイカ2号は、白セメント、水酸化アルミニウム、炭酸カルシウムを主成分とする国内で最も薄い膜厚を実現した 高性能のセラミック系耐火被覆材です。 湿式工法をとるため、鉄骨表面と高い付着性を示し、吹付け作業中や吹付後も粉塵の発生がほとんどありません。
セラタイカ2号
サイディングとは、外壁に張る乾式外装材の総称です。
一般的に工場で大量生産される為、品質は均一となり、耐火性や耐久性に優れたものが多く販売されています。 デザインが豊富な上、比較的安価なものが多く、個人住宅から店舗、大型建築物まで、幅広く使用され、 特に金属系サイディングは、耐久性が高く軽量なので、リフォームにも向いています。 セメント(窯業)系・セラミック系・金属系サイディングなどがあり、 最近では、汚れにくく落としやすい加工したものや、耐久性・耐候性を高め、再塗装の間隔を長くとれるようにしたものがでてきています。
サイディング
外壁工事は、家の外観を決めると同時に、家を支え、耐震・防火構造で家を守る、非常に重要な工事です。 また、内壁工事も、建物の構造内の仕上げ部分、つまり、室内空間を作る床、壁、天井の仕上げ工事のことをいい、 それは、実際の居住空間となる為、断熱等の機能的にも重要な工事となります。 当社は、新築・改装・改修に関わらず、お客様の要望に応じて、各種外壁・内壁工事を下地材から総合的にご提案させて頂きます。
モダンアート(菊水化学工業株式会社)
モダンアートは、高強度アクリル被覆繊維の表面に天然石砕粒・着色骨材を熱硬化型アクリル樹脂により結合硬化し、 その表面を加熱硬化型超耐候性樹脂により被覆したシート状の内外壁仕上用天然砕石装飾材です。 天然石材の風合いをそのままに、高い耐候性と耐汚染性、 曲面施工ができる柔軟性、下地に関わらない施工が可能な乾式内外壁仕上材としての優れた特徴を持ち、 カッターナイフで簡単に切断できる為、工期の短縮にも役立ちます。
モダンアート
デラクリート(MRCデラクリート株式会社)
デラクリートは、世界最大の石膏ボードメーカー、USG社(米国)により、1980年代初めに開発された、 無機軽量骨材入りポルトランドセメントを芯材に両面ガラス繊維ネットを埋め込んで補強した、 セメント系ボード基材の防火性・耐水性・耐久性に優れた外壁材システムです。 塗り物からタイル、擬石等の貼り物まで各種外壁仕上げ材の耐水・不燃下地として、 内壁・床・天井間仕切り壁、さらに、湿度の高い浴室、キッチン・洗面室・トイレなどの水回り等の下地材として優れた性能を発揮します。 曲面加工、通気構法にも対応可能な材料であり、 現在、各方面から高い評価を得て、戸建て住宅を中心に数多くの物件に採用されています。
一口に屋根と言っても、今日、多種多様な屋根材があり、 美観性、耐久性、コストパフォーマンス等、求める目的に応じて選択できるようになりました。 軽く強く美しく、アスベストなどの有害物質を含まない、信頼できる屋根材を選ぶ必要があります。
ナノルーフ
ナノルーフは、旭化成が開発に成功した、 ナノメートル単位の細孔スケールを持った超緻密な新組成ナノルーフを使用することにより、 従来にない強度と軽さ、重厚な趣きを同時に実現した、ノンアスベスト屋根材です。 塗装には、高品質アクリルシリコン塗料が施されており、 紫外線による劣化がおきにくく、住まいの美しさと機能を長く保ちます。 また、施工面でも、大判サイズで葺き枚数が少なく済む為、 容易で効率的、スピーディな施工ができ、コスト抑制にも繋がります。
(旭化成建材株式会社)
ナノルーフ
鳥害は、鳩やカラスなどの様に人間にとって身近な生活環境に生息する鳥が、 家屋・集合住宅・ビルなどの建築物に飛来したり、巣を作り住みつき、 農産物食害、糞害、鳴き声、悪臭、羽毛散害等を引き起こすことで、 地域に関係なく広範囲に及んでおり、近年それぞれに増加の一途にあり、深刻な問題となっています。 鳥害は、糞による汚染だけにとどまらず、糞に含まれる病原菌による感染症やダニなどの寄生虫による皮膚炎、 喘息発作などのアレルギーの原因ともなり、人体にも大きな影響を及ぼします。 また、建造物などでは、鳥の糞により排水溝を詰まらせたり外装材や配水管などの酸化や腐食などの要因ともなります。 鳥害についての意識を高め、早期対策を実施する事でより良い生活空間を維持しなければなりません。
トリカット2000(エドバンコーポレーション)
トリカット2000は、2000ガウスの強力なマグネットにより鳥に不快感を与えることで、 鳥を傷つけることなく飛来や侵入を防止しますが、 人体への影響はもとより、テレビ・ラジオ・パソコン・医療機器などへの障害はない為、 場所に関係なく、屋外・屋内共に設置でき、効力は半永久的に持続します。
トリカット2000
杭(パイル)とは、構造物の荷重を地盤中あるいは地盤の深部に伝達する為、 基礎工事の際に地盤に打ち込む柱状の構造材のことで、 杭(パイル)工事とは、地盤が弱く、建物などの上部荷重に耐えられない場合に、 杭打ちによって建物の荷重を地盤に支持させる地業(基礎工事の一つ)のことを言います。 近年では、施工スペースの面から、狭い敷地でも杭を打てるものや、 地球環境保護の面から、低騒音、低振動で、排土や泥水を極力出さないもの等、 様々な製品、工法が開発されています。
EAZET(イーゼット)
EAZET(イーゼット)とは、独自の回転埋設方式と杭先端仕様により、 低騒音・低振動・残土ゼロの杭施工を実現した、高い支持力性能を持つ鋼管杭工法です。 専用の超小型施工機械を使用する為、重機械の搬入が難しい屋内や狭い施工現場、搬入経路、 近隣環境への配慮が必要な夜間工事や住宅地、市街地での建築計画など、 様々な要求や制限のへの対応が可能です。
(旭化成建材株式会社)
EAZET
ATTコラム
ATTコラム(アットコラム)
ATT(アット)コラムは、信頼性の高いテノコラム工法(技術審査証明取得工法)の技術を応用した「コラム」に、 スクリューパイルEAZET-U(建設大臣認定工法)の技術を生かした「羽根付き鋼管」を回転埋設することにより築造されたハイブリッド杭です。 「コラム」と羽根付き鋼管が一体化することで、大きな支持力が発揮されます。発生残土は無く、低振動、低騒音で環境に優しい工法です。
(旭化成建材株式会社)
DYNABIG(ダイナビック)
DYNABIG(ダイナビック)は、旭化成建材が開発した高支持力杭工法です。 杭先端にジオシンセティック袋体を装着し拡大球根を構築することによって、大きな支持力を発現し、 得られる支持力に対して杭本体の軸径が細いため、従来工法よりも掘削土が少なく、産業廃棄物となる残土の処理が軽減できます。 官公庁物件を含め、数多くの施工実績があり、全国各地での施工ノウハウを元にした様々な地盤への対応が可能です。
(旭化成建材株式会社)
DYNABIG
鉄骨とは、建物の形を作っている骨組のことであり、 地震や災害などから建物を守る、建築物の重要な部分を担っております。 元来、日本では木造建築が主流でしたが、 近代になり、鉄骨造(通称:S造)や鉄骨鉄筋コンクリート造(通称:SRC造)、鉄筋コンクリート造(通称:RC造)が導入され、 超高層ビルやドーム建築など巨大な構造物だけではなく、 住宅や店舗、工場、倉庫といった小規模建造物にも多く使われており、 たいへん身近でなじみの深い構造となっています。
JFEフレームキット(JFEスチール株式会社)
JFEフレームキット
JFEフレームキットは、木造軸組工法(在来工法)の柱、梁、筋交、土台などを鉄骨に置き換えたものです。 骨組みは高強度な鋼制の柱、梁、ブレースパネルで構成され、ブレースパネルは、高耐力タイプなので設置ヶ所が少なくて済む為、 広い空間が確保でき、間取りの自由度が広がります。また、完全プレカット、溶接作業等が要らない事は 現場での工期が短縮でき、コスト削減にも繋がります。防腐防蟻剤が不要な鉄骨部材で造られ、 間取りの変更や増築にも幅広く対応できる…JFEフレームキットは長い間安心して住み続ける健康住宅の構造材として最適です。
ファブラックスG
ファブラックスG柱はり接合工法は、鉄骨造建築物の柱はり接合部にファブラックスG(国土交通大臣認定品)を用い、 柱およびはりの組み合わせを限定して使用するノンダイアフラム形式の柱はり接合工法です。 ファブラックスGは角部内側および柱と接合する小口面にハンチを持つ厚肉断面形状の鋳鋼品で、はりとの接合における高い自由度が特長です。
(旭化成建材株式会社)
軽量鉄骨(軽天)工事、二重床(フリーアクセスフロア)など、幅広い分野で各種工事を承ります。
軽天(軽量鉄骨)工事
軽天とは軽量鋼製下地材のことで、木材に比べて反りや寸法の狂いがなく、施工性も高いので、 店舗や公共施設、住宅の天井や壁などに使われています。
二重床(フリーアクセスフロア)
二重床(フリーアクセスフロア)とは、本来の床面から一定の空間を空けて作られた床面のことです。 この空間を利用することにより、美観を損ねず、安全、且つ容易に電力ケーブル、 LANケーブルなど配線をすることができる為、 新しいオフィス・ビルなどでは、標準的にフリーアクセスフロアが採用されています。